【セッション・レポート(前半)】ライトニングトークでWordPressのスキルを向上させよう!

去る12月10日(土)に参加者によるライトニングトークで進行させていくスタイルの勉強会、ライトニングトークでWordPressのスキルを向上させよう!を行ないました。

参加者は8名。持ち時間は一人5分で始めました。力量の差も仕事環境もそれぞれ異なるメンバー構成でしたが、WordPress という一つの共通軸でお話は盛り上がりました。

すぐに一巡してしまうだろうと思われ、グループ分けの話し合いの時間を後半別に用意していましたが、充実したライトニングトークの内容とその質疑でたっぷり3時間を使ってしまいました。

ライトニングトークでWordPressのスキルを向上させよう!
ライトニングトークの様子

場所は尾山台(世田谷)駅の商店街沿いの小さなカフェ。地元、世田谷で採れたりんごを使った、焼き立てアップルパイの香ばしさに包まれながら、情報交換も弾みました。お近くの方はぜひお立ち寄りください。( >> 「パイ焼き茶房」サイトにリンク

パイ焼き茶房のアップルパイ
パイ焼き茶房のアップルパイ(撮影:via Facebook @akemi_shimizu )

今回は、WordPress による制作スキルを向上させたいという目的と、クリエイター同士の親睦を深めたいという二つの目的がありました。

ライトニングトークで聞き手が学べることはもちろんですが、話し手もまたさまざまな気づきを得られます。

クリエイターに限ったことではありませんが、人前で話しをするということに不慣れな方も少なくなく、プレゼンする機会そのものが新鮮に感じられたと、ご参加の方にも喜んで頂きました。

事前の準備を必要とするスタイルのワークショップ。ふだんの業務とは別に、プレゼンの用意を進めるというのはたいへんなことだと思います。そうした中で、きちんと準備を重ねられて、ゆき届いたパワポの資料をご用意頂き、充実した内容のお話を頂いた方もいらっしゃいました。

情報を出せば、さらに情報・人・・・が集まる。身をもって実感したひとときともなりました。

準備は十分でなくとも、その時その場の与えられた環境で120%の自己PRを求められる、千載一遇のチャンスに出会う時もあります。資料が何もなく、制限された時間の中できちんと相手に自分を伝えられるか、相手のニーズに応えられるコミュニケーションを取れるかどうか。

そうした「一瞬」のために必要なことは、気持ちを込めた日常の思いや、地道な日々の練習だったりもするように感じます。時間をかけてでも、自分の伝えたいことや自分の持ち味を伝えることができるようになって初めて、いくつかの制約の条件においても、最大限の自分表現を行い得ていくものと考えています。もちろん、道半ばの我が身です。(つづく)

参加者のレポートをご紹介します。

[ 更新日:2012年7月19日 ]

[ 2011年12月12日 ]WordPressの失敗から学んだことを勉強会でお話してきました by @parkn_park

[ 2012年7月9日 ]DWとWPを連携させて効率よくテーマデザインを作ろう by @mima_v

“【セッション・レポート(前半)】ライトニングトークでWordPressのスキルを向上させよう!” への7件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です