6.つくる(創る):グループ毎にライトニングトーク

つくる:創る
つくる

お話をもちよるセッションを2〜4回重ねた後、元のグループに戻り、情報交換をします。

その後、画用紙(一人10枚ほど)をスライドに見立てて、ライトニング・トークの準備に入ります。

◯ グループ毎にライブ・トークをし合います。

「ライトニング・トーク」ではあるけれど、ほとんど緊張はないと思います。

思いのほかスラスラと言葉が出てきます。「スピーチから対話へ」

一方的にお話をするのではなく、視聴者の反応を見ながら、自然と対話をするようなトークをご体感頂けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です